econo-me(エコノミー)

【Vol.1】甲府商業高校に授業をしに行きました!

written by econo-me企画スタッフ

高瀬真奈×econo-meコラボ「山梨の魅力を伝えたい!」地方創生プロジェクト、 開始いたしました。

山梨県甲府市出身の高瀬真奈さんとecono-me(エコノミー)で 山梨県の「人」「場所」「もの」さまざまな角度から山梨の魅力を伝えていきます。

-第1弾!学生さんたちとの共同企画-

高瀬真奈さんの母校、甲府市立甲府商業高等学校へお伺いしました! 生徒のみなさんとともに、「山梨の魅力を伝える」ための企画立案をしていきます。

協力をしてくれるのは3年生のみなさんです。 「現場実習」というより社会に接点を持った実践的な学習をすることを目的とした 授業の中で今回のプロジェクトを一緒に作っていきます。

12月8日、高瀬真奈先生による初回の授業を行いました!

先輩である高瀬真奈さんの姿にウキウキした様子の生徒さんもちらほら。 和気あいあいとした雰囲気での授業となりました♩

以下の内容を学生さんと一緒に企画します!

プロジェクトの中で、高瀬真奈さんプロデュースのオリジナルグッズの企画・販売を予定。 山梨の要素を取り込んだもの、環境に配慮した素材であることを軸に開発を進めていきます

【課題】

①「高瀬真奈プロデュースオリジナルグッズ」の原料選定

アイテムを染める染料に、山梨県で生産している(廃棄されてしまう)野菜や果実の使用を検討。 山梨県の農作物についてや食品ロス問題を知ってもらうきっかけになることが狙い

山梨県で生産されている野菜、生産状況、廃棄状況などを調査。

②「高瀬真奈プロデュースオリジナルグッズ」の販売企画

「econo-me(エコノミー)」での現在の販路は公式オンラインショップのみです。

今回、「人」、「場所」との繋がり、「山梨の魅力を知ってもらう」というテーマの企画である ことから、より本企画の想いが伝わる販売方法を、実際に山梨県で暮らし、学んでいる学生さん たちに策定してもらいます。

製作予定の商品は計4アイテム。 各100個を目標数量とし、いつ、どこで、どのように売っていくのかの企画立案。

山梨県から都心へ人が流れていってしまっている現状、環境問題について、 自分たちの育った山梨県を好きでい続けて欲しい。

高瀬真奈さんからのメッセージに真剣に耳を傾ける生徒たちの姿が印象的でした。

どのようなアイデアが生まれるのかとても楽しみです!

最後に、みんなで元気に『ドン!ソラー!』の一枚。 (校歌を歌う前にやるポーズだそうです。)

これからの発信もお楽しみに!

関連コンテンツ